FC2ブログ

オンラインスペイン語教室アカデミアサラマンカ

スペインが好き、スペイン語を学習している人に役立つニュース、情報をお届けします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインの新年のお楽しみ

imagen academia


スペイン語 ブログランキングへ

クリスマスは通常12/25でお終いと思いがち
ですが、スペインでは1/6までは所謂「クリスマス
」期間。最近はアメリカ化(?)が進み、12/24に
サンタクロースがやってくるという習慣もなじんで
きましたが、カトリックの国々では「Los Reyes
(ロス レジェス)」が大事な行事。
日本では聞きなれないものですが、聖書によると
キリストが生まれ、1/5の晩、東方から3人の賢者
が贈り物を持ってやってきたそうです。それが元に
なり、子供たちにプレゼントが贈られる習慣が未だに
あります。とは言え、これはいい子にしていた子だけ
。。。子供達はこの賢者に向けお手紙を書きます。
「僕はこんなにいい子にしていたので、○○○を下さい。」
みたいに。悪い子には墨に似た砂糖菓子しかもらえません。
( ;∀;)
1/5の夜にはこの3賢者に扮したひとが山車に乗り街中を
巡り、飴玉を子供に配り、一晩あけ1/6には「Roscon
(ロスコン)」と呼ばれる(パン風)ケーキを食べるのが習慣
です。
このケーキの中には何個か小さな人形等が入っており、
取り分けた自分の分にそれが入っていたら幸運がやって
くるとか…。
3賢者のイメージ、ロスコン、カルボンと呼ばれる
墨に似た砂糖菓子の画像です。 ↓

cabargata.jpg
rosconG.jpg
carbon-dulce-reyes1.jpg
スポンサーサイト

テーマ:スペイン - ジャンル:海外情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。